読み込み中…

熊本相続遺言相談プラザの
相続手続きに関する相談事例

熊本の方より相続についてのご相談

2022年09月02日

相続で受け継いだ土地の名義変更方法について、司法書士の先生に聞きたいです。(熊本)

はじめまして。熊本に住む父の相続について伺いたいことがあり問い合わせいたしました。3カ月前に、熊本の実家で一人暮らしをしていた父がなくなりました。相続人は実子である私と弟です。父が亡くなりさまざまな手続きが必要で大変でしたが、少々落ち着いてきたので弟と遺産の分け方について話し合いを行いました。

父の遺産の内容は熊本の実家と貸し出しているマンション一室、預貯金3000万円です。熊本に住む私が実家とマンションを引き継ぎ、弟が預貯金を相続することで話はまとまりそうですが、まだ書面等は作成していません。

不動産を取得することになったため、今後名義変更の手続きが必要になるかと思われます。あまり関わったことのない分野のため、知識がなく不安です。

とりあえず、どのような流れで手続きを行うのかを教えてください(熊本)

 

相続された不動産の名義変更手続きについて順番にご説明いたします。

 不動産の情報は登記簿に記載されているため、相続で取得した場合でも被相続人の名義から所有者を書き換える必要があります。このことを不動産の名義変更(以下相続登記)と言います。相続開始日から権利は相続人に引き継がれますが、相続登記を行って名義を変更しておかないと、第三者に対して主張(対抗)ができません。また相続後に売却を予定している場合には、引き継いだ相続人の名義に変更されている必要があります。

 

【名義変更手続きの流れ】

①相続人全員による遺産分割協議を行い、遺産の分割方法を決めます。協議後には協議内容を記載した遺産分割協議書を完成させます。相続人全員の署名と実印での押印が必要です。

②相続登記に必要な添付書類を準備します。

・戸籍謄本(被相続人の出生から死亡まで一式および法定相続人全員の戸籍謄本)

・住民票(被相続人の除票および不動産を相続する人の住民票)

・不動産の固定資産評価証明書

・相続関係説明図…など

③登記申請書を作成します。

④不動産の所在地を管轄する法務局に登記申請書および添付書類を提出します。

 

不動産の相続登記については2024年から義務化されることが決定しており、義務化後は相続開始を知り、かつ、所有権を取得したと知った日から3年以内に所有権移転登記をしなければなりません。既に相続が発生していて、登記が放置されている不動産についても対象となりますので、速やかに手続きを行ったほうがよいでしょう。

法務局での手続きや、添付書類の収集にご不安がある方はお気軽にご相談ください。

 

熊本相続遺言相談プラザでは、皆様の相続に関するご心配ごとを初回無料相談で対応いたします。

熊本にて相談実績の多い熊本相続遺言相談プラザでは、相続知識の豊富な専門家が、熊本の皆様の相続手続きが円滑に進むよう親身にサポートいたします。ぜひ熊本相続遺言相談プラザまでお気軽にお電話ください。

熊本の方より相続に関するお問い合わせ

2022年08月03日

相続の手続きが完了するまでにどのくらい期間がかかりますか?(熊本)

熊本で暮らしていた父が亡くなり、現在相続手続きを進めています。相続するものは、熊本の自宅と銀行にある預金くらいです。現在、娘である私は熊本から離れて暮らしていますので、長期休暇で帰省をした際に手続きを進めたいと考えています。何度も帰省するわけにもいかないため、一度の帰省でなるべく進めたいと思っていますが、手続きにはどのくらいの時間がかかりますか?(熊本)

財産の種類により、相続手続き完了までのお時間は異なります。

熊本相続遺言相談プラザにお問い合わせいただきありがとうございます。
相続の手続きが必要な財産として、ご自宅などの不動産、銀行預金や株などがあります。今回のご相談でも、相続財産はご自宅と銀行預金の2点になりますので、こちらについての説明をいたします。

まず不動産については、亡くなられた方の所有していた不動産の名義を相続人様の名義へと変更するための手続きをします。必要な書類には、戸籍謄本一式、被相続人の住民票除票、相続する人の住民票、遺産分割協議書、印鑑登録証明書、固定資産税評価証明書等になります。申請先は、対象の不動産の所在地を管轄している法務局になります。この不動産の相続における名義変更手続きは、資料の収集に1~2ヶ月ほど、法務局へ申請してから2週間程で完了となります。

次に金融資産についてですが、こちらは亡くなられた被相続人が名義となっている口座を相続人名義へと変更、または解約して相続人へと分配する、という手続きを行います。金融資産の手続きは、各機関により必要な書類等に多少違いがありますが、必要な書類は、戸籍謄本一式、遺産分割協議書、印鑑登録証明書、各金融機関の相続届等を提出する流れになります。こちらの相続手続きにかかる時間は、資料収集に1~2ヶ月ほど、金融機関での処理は2~3週間程度が一般的です。

今回のご相談では遺言書は見つかっていませんでしたが、遺言書がある場合や行方不明の相続人がいる場合、また相続人に未成年が含まれる場合には別の手続きが必要となるケースもありますので、手続きの時間にも違いが生じる場合がございます。

熊本にお住まいのみなさま、相続手続きについてご不安な点や分からない点がございましたら、ぜひ熊本相続遺言相談プラザへとご相談ください。熊本に地域密着で対応をいたします。まずは初回の無料相談会へとお越しください。少しでもスムーズにお手続きが進むよう、所員一同でサポートいたします。

熊本の方より遺言書についてのご相談

2022年07月01日

遺言書を残したいのですが、どのように作成すれば良いのかを司法書士の先生にお伺いしたいです。(熊本)

司法書士の先生、はじめまして。私は熊本在住の60代会社員です。最近大きく体調を崩したこともあり、もしもの場合に備えて遺言書を残しておこうと考えています。
私には現在住んでいる熊本のマンションのほかに、複数の土地とアパート、いくらかの預貯金があります。相続人となる二人の息子は仲が良く、財産のことで揉める可能性は低いでしょうが、遺言書を残すことで少しでも円満な相続になればと思っています。
ですが、遺言書をどのように作成すれば良いものなのかがわからず、一向に進まない状態です。司法書士の先生、遺言書の作成方法についてぜひとも教えていただけないでしょうか。(熊本)

遺言書の作成方法は、どの遺言方法を選択するかによって異なります。

一般的に知られている遺言書(普通方式)には3つの種類があり、どの遺言方法を選択するかによって作成方法は異なります。まずはどのような遺言方法があるのかを確認し、そのうえでご自分に合った遺言書を作成すると良いでしょう。

  • 自筆証書遺言

遺言者が自筆して作成する遺言方法であり、費用をかけずにいつでも手軽に遺言書を作成できるのがメリットです。
ただし、遺言者自身で作成することから方式の不備が起こりやすく、遺言書が無効となる危険性があります。また、自宅で保管するケースが多いため、紛失や改ざん・偽造等にも注意が必要です。
※法務局の保管制度を利用することも可能

  • 公正証書遺言

公証役場にて公証人が作成する遺言方法であり、遺言者の口述内容をもとに公正証書で遺言書を作成します。費用はかかりますが公証人が作成に関わるので遺言書が無効となることがなく、確実に遺言書を残せるのがメリットです。
また、遺言書の原本は公証役場で保管されるため、紛失や改ざん・偽造等の心配もありません。

  • 秘密証書遺言

遺言者が自筆で作成した遺言書の存在のみを、公証人と2名以上の証人に証明してもらう遺言方法です。遺言内容を秘しておけるのがメリットですが、自筆証書遺言と同様に方式の不備により無効となるリスクがあります。
紛失や改ざん・偽造等の可能性もあるため、利用される方はほとんどいないのが実情です。

ご相談者様が所有している財産は分割しにくい不動産が大半を占めているため、遺言書が無効となった場合にはお子様同士で少なからず揉めることになるかもしれません。円満な相続を希望されるようであれば、法的に有効な遺言書を残すことができる「公正証書遺言」で遺言書を作成することをおすすめいたします。

遺言書は相続において最も優先される法的な効力をもつ書類ですので、遺言書を残しておけば相続人同士の無用な争いを回避することが可能です。どのような内容の遺言書を作成すれば良いかお困りの際は、相続・遺言書作成を得意とする熊本相続遺言相談プラザの司法書士にお任せください。

熊本相続遺言相談プラザでは遺言書に関するご質問・ご相談はもちろんのこと、遺言書の文面のご提案や必要書類の収集など幅広くサポートさせていただいております。
熊本の皆様の相続・遺言書に関するお困り事を解消できるよう、司法書士ならびにスタッフ一同、親身になってご対応させていただきます。まずはお気軽に熊本相続遺言相談プラザの初回無料相談をご利用ください。

熊本の方より相続放棄についてのご相談

2022年06月01日

相続放棄の期限に間に合わない可能性があります。司法書士の先生、どうすれば良いでしょうか。(熊本)

司法書士の先生、相続放棄についてご相談させてください。
先日のことですが熊本で一人暮らしをしていた父が亡くなりました。相続人は一人娘の私だけですので、熊本の実家で葬儀を済ませた後、まずは父の財産について調査することにしました。

熊本の実家を出てからほとんど帰省していなかったこともあり、父がどのような財産を所有していたのかさっぱりわからず、想像以上に難航している状況です。全容を把握するにはまだまだ時間がかかりそうなのですが、いくらかの借金もあるため、場合によっては相続放棄も視野に入れる必要があるかもしれません。

ただ、このままだと相続放棄の期限内に全容を把握できない可能性もあり、正直焦っています。相続放棄の期限に間に合いそうにない場合にはどうすれば良いのか、司法書士の先生に教えていただきたいです。(熊本)

「期間の伸長」の申立てを行えば、相続放棄の期限を延長できる可能性があります。

被相続人の相続人となる者は、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」のいずれかを選択しなければなりません。この期間のことを「熟慮期間」といい、期限を過ぎると自動的に被相続人の全財産を承継する「単純承認」したものとみなされます。
被相続人の全財産には預貯金や不動産等のプラス財産だけでなく、借金や未払い金等のマイナス財産も含まれますので、多額の借金等がある場合には注意が必要です。

このように相続放棄には期限の定めがありますが、ご相談者様のように期限内に財産調査が完了せず、相続放棄をするべきかどうかを判断するのが困難な場合には家庭裁判所で「期間の伸長」の申立てを行うと良いでしょう。
熟慮期間内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所へ申立てを行い、認められた場合には相続放棄の期限を1~3か月程度延長することが可能です。

ただし、判断するのはあくまでも家庭裁判所ですので、申立てをしたからといって必ずしも認められるとは限りません。相続放棄を検討しているものの熟慮期間に間に合わない可能性がある場合には、できるだけ早い段階で相続の専門家にご相談・ご依頼されることをおすすめいたします。

被相続人に多額の借金等があった場合、相続放棄ができないと今後の人生に多大な影響を及ぼすことになり兼ねません。熊本相続遺言相談プラザでは熟慮期間内に相続放棄を完了できるよう、財産調査から必要書類の収集、申立書の作成まで、相続に関する豊富な知識と経験を持つ司法書士が懇切丁寧にサポートいたします。
初回相談は完全無料ですので、熊本の皆様、ならびに熊本で相続放棄や相続全般について相談できる事務所をお探しの皆様はぜひお気軽に、熊本相続遺言相談プラザまでお問い合わせください。

熊本の方より相続についてのご相談

2022年05月10日

夫が先月亡くなりました。相続の知識が全くありませんが自分で手続きをしたいと思っています。司法書士の先生に詳しいお話をお伺いしたいです。(熊本)

熊本で長年一緒に暮らしてきた夫が亡くなりました。急なことでしたので、葬儀のことや親族への対応などで悲しく余裕もなく時間がたってしまい、先日49日を終えやっと落ち着いたところです。役所への手続きは一通り終わりましたが、銀行の預金や自宅に関する手続きが終わっていません。相続人は私と息子の2人のみで、財産が銀行の預金、自宅、その他に熊本市内のアパートになります。できれば自分で手続きを進めたいと思っていますが、相続自体はじめてのことですので知識もなくどのように進めたらよいか分からないため司法書士の先生にお話をお伺いしたいです。(熊本)

相続手続きは煩雑な手続きが多く内容も多岐にわたります。期限がある手続きもありますので、ご不安な場合は専門家へ相談しましょう。

相続が発生したら、まずは亡くなった方遺言書を残していないかを確認しましょう。今回のご相談では、旦那様は急に亡くなられたということですので遺言書を残している可能性は低いと思いますが、遺品の整理をする際に遺言書も必ず探しましょう。遺言書がある場合は、その内容が法定相続よりも優先されます。

遺言書が見つからない場合、まずは戸籍を揃えて法定相続人を確定します。亡くなられた方の出生から死亡までの一連の戸籍を揃え、その記載内容から法定相続人を確定します。相続財産に不動産がある場合には、相続人の戸籍も手続きに必要となりますので併せて取り寄せるようにしましょう。

相続人が確定したら、つぎは亡くなられた方が所有していた財産を調査します。熊本のご自宅とアパートについては、不動産の登記事項証明書と固定資産税納税通知書、銀行の預金については、通帳の内容から残された財産を確認しましょう。

財産の確認が済んだら、そのすべてを一覧にした相続財産目録を作成します。この相続財産目録を作成することにより、相続人全員が財産の内容を一目でわかるようになり、その後の遺産分割協議がスムーズに進むことになります。遺産分割協議は、遺産の分割方法を相続人全員で行う話し合いです。遺産分割協議により分割方法が決定したら、その内容を遺産分割協議書としてまとめ、相続人全員の署名・押印を行い作成を完了させます。遺産分割協議書は、不動産の相続手続きの際に必要となります。また亡くなった方の預貯金を口座から引き出す際にも必要になりますので大切に保管をしておきましょう。

相続手続きは、役所や銀行、法務局など手続き先が様々なこともあり内容がとても煩雑です。手間と時間のかかる相続財産の調査については、専門家に依頼することでスピーディーに確認作業を完了させることが可能になります。

熊本相続遺言相談プラザでは、このような相続に関するお困りごとを幅広くお手伝いさせていただいております。当プラザの専門家に依頼することで、迅速に調査を行うことができますので相続手続きもスムーズに完了することになります。熊本の相続手続きについて経験豊富な専門家が、最後まで親身に対応させていただきますので、熊本で相続のお困りごとがある方はぜひ当プラザの無料相談をご利用ください。

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

熊本相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

1

まずはお気軽にお問い合わせください

まずは当事務所までお電話またはメールでお問い合わせいただき、お客様のご予定をお聞かせください。ご都合の良い日時をお伺いしたうえで熊本相続遺言相談プラザの専門家とスケジュール調整を行い、ご来所またはご訪問日のご予約を確定いたします。

2

当事務所のスタッフが笑顔でご対応いたします

当プラザでは少しでもリラックスしてご相談いただけるよう、スタッフ一同、笑顔で対応させていただきます。どうぞ安心してご来所ください。

3

現在のお悩み・お困り事についてお聞かせください

無料相談では90分~120分ほどのお時間を設けておりますので、お客様が抱えていらっしゃる現在のお悩み・お困り事をじっくりとお聞かせください。
皆様の不安を解消できるよう、サポート内容や費用についても懇切丁寧にご案内させていただいております。

熊本相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

相続は人生においてそう何度も経験することではありませんので、ほとんどの方が初心者だと思われます。そうした皆様がお気軽にお悩みやお困り事をご相談できるよう、熊本相続遺言相談プラザでは初回のご相談につきましては完全無料でお受けしております
90分~120分ほどのご対応時間のなかで現在のお悩みやお困り事についてお話しいただき、相続の専門家がその内容にもとづいて必要なお手続きの内容をご案内いたします。

熊本の皆様の頼れる専門家として最後まで親身になってお手伝いさせていただきますので、安心して私ども熊本相続遺言相談プラザにお任せください。

熊本を中心に
相続手続き、遺言書作成等を
親身にお手伝い

相続・遺言の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 熊本を中心に、遺産相続の無料相談! 096-288-0003 メールでの
お問い合わせ